これから貿易事務に挑戦する人は要チェック

PC操作

事務経験者は有利

貿易事務の場合、英語によるやり取りがほとんどとなります。しかし、業務内容としては一般的な事務とあまり変わらないのです。そのため、一般事務を経験している人の場合は、採用率が高くなります。現在事務職に就いており、新しい就職先を探している人がいれば貿易事務に挑戦してみると良いでしょう。

物流

英語スキルが活きる

貿易事務は仕事柄、海外とのやり取りが多くなります。そのため、必然的に英語のスキルが活きてくるのです。英語力に自信を持っている人であれば、採用してもらえる確率もアップするでしょう。さらに、英語の読み書きだけではなく、英会話スキルも伴っていれば完璧だと言えるでしょう。英語が役立つ仕事なのです。

パソコン操作

女性に向いている

最近では女性の社会進出が増えてきています。マルチタスクを得意としている女性にとって、貿易事務の仕事は非常に向いていると言われているのです。これから、女性に適した職場を探している人が入れば、貿易事務に挑戦してみると良いでしょう。女性が多い職場なので、安心して働けます。

飛行機とトラック

求人数も多い

基本的に貿易事務の求人情報は年々増えてきていると言われています。そのため、比較的簡単に就職することができるのです。必要なスキルさえ身に付けていれば、転職に失敗することもなくなるでしょう。求人情報が多いことによって、チャレンジしやすい職業だとされているのです。転職にはうってつけだと言えます。

PC操作

未経験からでもOK

貿易事務の仕事は、一般事務経験がある人の方が向いているとされています。しかし、だからと言って未経験者には向かない仕事ということではないのです。むしろ、未経験者であっても、十分に仕事をこなしていけるでしょう。経験者だけではなく、未経験者にもチャレンジしやすい仕事が貿易事務なのです。

[PR]
貿易会社の就職求人を大公開☆
自分にあった職場がきっと見つかる♪

貿易事務Q&A

物流

具体的な仕事内容は?

貿易事務であれば、海外の企業との交渉なども行います。また、輸出入に必要な手続きの代理業務も行うでしょう。さらに、国際輸送業務など仕事の一つなのです。基本的には、この三つのグループに分かれた仕事を行います。

英語は必須?

貿易事務においては、英語は必須スキルだと言えるでしょう。仕事で取り扱う書類のほとんどが英文だからです。英会話でのやり取りだけではなく、英語の読み書きなども必要なスキルとなってくるでしょう。

資格ってある?

貿易事務には、貿易事務検定という資格があります。この資格を取得しておけば、より就職や転職に有利になるでしょう。基本的なビジネス英語や貿易の流れ、概要などを習得することができる資格です。試験は年に5回程行われています。