ロゴ

施工管理の採用情報を掲載!面接に打ち勝つ鍵

HOME>レポート>施工管理の採用について【本気でなりたいなら必読】

施工管理の採用について【本気でなりたいなら必読】

工事現場

初心者だからこそ

工事関連の仕事は人手が不足をしていると言われています。キャリアがなくても手に職をつけたいと考えているのであれば、施工管理の仕事を検討してみるのもよいかもしれません。初心者であれば分からないことがたくさんあります。施工管理はどんな仕事なのかも分からないでしょう。工事をスムーズに行うことができるための管理を任されるので、1人で全部行わなければいけないというわけではありません。初心者であれば必ずキャリアのある人がついてくれるので、分からないことがあったら聞けばいいだけです。採用をする企業側もキャリアを積んで力になって欲しいという希望を持っています。経験していれば、他で採用があった時にも通りやすいということがあります。

作業員

どんな会社なのか

施工管理の仕事で採用をされた場合、まずはその企業が今までどんな仕事をしてきたのか、ということをチェックしておく必要があります。工事には様々な危険がつきものです。リスク管理がしっかりと行われている企業であれば、安全意識も高いということで信頼をすることができます。施工管理として採用をされたのであれば、工事の管理をするだけではなく、安全面もしっかりと考えなければいけません。中にはトラブルを隠ぺいしてしまう会社もありますが、キチンと報告されているような、そんなところを選んだほうがよいでしょう。チームワークがなければできない仕事なので、自分の利益よりも周りのことを考えられる人が多いのかどうかも選考の基準になります。