ロゴ

稼げると噂のアルバイト〜治験のメリットをいくつか紹介〜

HOME>Topics>治験はアルバイトを探している人にピッタリ

条件がある

最近では、治験のアルバイトが人気です。しかし、治験を受けるのには様々な条件があります。その条件の一部をチェックしておきましょう。

治験を受けるための条件

医者

国内在住で健康な人

治験を受けるには、基本的に日本国籍のある人でなければなりません。年齢は20歳から70歳くらいまでが対象になるでしょう。また、BMI値も18.5から25くらいが治験が受けられる基準となります。

高血圧の人

疾患を持つ人でも、治験を受けることができる場合があります。収縮期血圧が140以上180未満、拡張期血圧が90以上110未満の人が該当するのです。また、条件としては高血圧症の薬を服用していることも挙げられます。

脂質異常症の人

脂質異常症を患っている人も、治験を受けることができます。高TG血症と診断され、中性脂肪が150?以上の人が該当するでしょう。脂質異常症の薬を服用していることも条件の一つとなります。

治験はアルバイトを探している人にピッタリ

聴診器

メリットがいっぱい

治験のアルバイトは大きく分けて二つのパターンに分けることができます。通院するパターンと、入院するパターンです。基本的に短期間のうちにある程度のお金を稼いでおきたい人には通院パターンがピッタリでしょう。しっかりと治験に参加してたくさん稼ぎたいと思っている人には、入院パターンがおすすめです。目的に合わせてパターンを選べるのがメリットでしょう。治験は一般的なコンビニなどのアルバイトと比べると、稼げるお金の額が多いのがメリットです。場合によっては、1ヶ月間で60万円程稼げることもあります。短期間でたくさんお金を稼ぎたいと思っている人にとっては、嬉しい要素となるでしょう。長期休みを利用してお金を稼ぎたい人にも向いています。治験は一般的に、健康な人を対象に行うものだというイメージが強いでしょう。しかし、場合によっては、病気を持っている人であっても治験を利用することができます。例えば、癌や糖尿病の患者が挙げられます。新薬の開発にも貢献できるメリットが得られるのです。病気をもっていて、稼ぎたいという人にもうってつけでしょう。